家計診断をして保育園の活用を検討

生活を送るうえで欠かせないことが家計管理です。きちんと出費や収入のバランスを取っていかないと、安定した生活を送るのは難しいです。特に結婚して子供が生まれてからは、働く人手が減る家庭が多くなるので、いろんな家計のパターンを検討することが大事になります。家計を考えるうえで、やはり専門家に相談して家計診断をすることをお勧めします。地元の税理士などに相談をすると、専門家の観点からかなり精密な家計診断をしてくれることは間違いありません。また、最近では簡易な内容ならネットでも自動計算のツールが用意されています。子供が生まれてから考慮するべきポイントに、保育園を利用して母親も働きに行くべきか否かという点が挙げられます。もちろん収入を増やすためには有効な手段ではありますが、父親の扶養に入っておくことができなくなる可能性が高くなるので、総合的な検討をする必要があります。所得税の面や社会保険料負担の面など、公的負担も十分考慮しないと、働いて疲れて、かつそれほど利益が残らないというケースが結構多いといわれています。保育園を利用した方がいいかどうかなどの判断も、専門家による家計診断を受ければ、アドバイスをしてもらうことができます。保育園の種類や入園料等の負担金額も考慮すべきですので、様々な観点からのチェックが必要となります。専門家なら、そういったポイントをきちんと押さえてくれるので、もっとも家計に良い選択肢を提示してくれます。

この投稿は2015年12月4日に公開されました。

家計診断で大家族の家計にゆとりを

家計診断とは、現在どれくらいの収入があってそれを何に何円支出しているのかを明確にさせることです。これによって、どこにお金をたくさんかけているのかが分かるようになり、無駄な支出を抑えることができるようになります。特に大家族の場合、一般家庭より1つ1つの支出額が大きいので家計のやりくりが大変です。そのため節約できるところは節約して必要なところにお金を回すことができるようになれば家計にゆとりを持つことができるようになります。家計診断はインターネットなどを活用すればご自身で行うこともできますが、より詳細に知りたいという方はファイナンシャルプランナーに相談すれば適切なアドバイスを受けることができます。家計診断を行う上での主な流れとして、まずは将来の予定や目標などを明確にします。その後、家計のチェックを行い問題点を明らかにします。明らかになった問題点を解決するための対策を考え、実行するという形になります。収入の増加は中々見込めませんので、いかに支出を抑えるかが重要になってきます。大家族になればなるほど支出が増えるのが食費や光熱費、教育費などになります。どこにお金を使うべきかという優先順位をはっきりさせて、日々の買い物の仕方や生活の過ごし方を見直しましょう。また教育費については習い事の数を整理したり、奨学金制度の活用を検討してみてください。家計診断を行うことは重要ですが、それよりも前にできる対策があります。それは家計簿をつけることです。大家族の場合、毎日つけるのは大変ですが家計簿をつけることで現状を把握しやすくなります。最近では無料アプリで簡単に家計簿をつけることができるサービスなどもありますので上手に活用しましょう。

この投稿は2015年12月3日に公開されました。

電気代の家計診断・年代によっても違う

電気代の家計診断はオール電化なのか、ガス使用かで多少違います。オール電化であればガスが使えなくなりますので全てを電気でまかなうことになります。オール電化を導入しているお宅で照明器具をほぼLEDダウンライト、LEDシーリング、IHクッキングヒーター、エコキュートを取付けている場合の家計診断は導入前の半分から3分の1まで減額できます。IH調理器の火力はガスよりも強く、微妙なコントロールを設定する事もできます。細かな設定が面倒ならば弱火・中火・強火の3段階から選べばよいので全く火力の心配はありませんし、電気量も短時間の調理で済む事からガス代よりも電気代が安くなります。夏・冬の冷暖房は電気のみになるので当然高くなりますが、年間平均で月にガス8000円、電気20000円だとしたら、ガス代分高くなるのかと思いましたが、エコキュートは深夜電力を有効活用し更に安くなりますので、生活光熱費が年間にすると大幅削減できるのです。ただ電気代を安くするためにLED照明、IHクッキングヒーターとエコキュートで約50万の初期費用をかけるのでは、元を取るまで相当かかります。家の建替え、新築入居、ガス機器の故障を機に検討することになるでしょう。オール電化でない核家族の一般家庭でも10000円行かない家庭もあれば、各部屋で冷暖房を使うお宅は20000円以上になることもあります。共働き夫婦と専業主婦では日中家にいる時間が違うので多少差が出てきます。また高齢になってくると家にいる時間も多く、昼間でも薄暗いと足元が見えない、TVもずっとつけっぱなしになりがちなので、介護者がいるお宅、2世帯の家計診断は1,5倍から2倍以上になることもあるでしょう。

この投稿は2015年12月1日に公開されました。

リビングの家計診断は参考になります

自宅やオフィスに届く、フリー情報誌のリビングはさまざまな地域や季節の記事が掲載されています。その記事の人気コーナーに、家計診断というものが連載されています。リビングの家計診断は、読者からの投稿を元に悩みや節約ポイントを指摘していきます。他人のお財布事情を知りたいと思うには、誰でも同じです。自宅の家計と比較することもでき、かなり興味深いものです。リビングの家計診断で、多くある投稿が今のままでは貯蓄ができないというものです。自分なりに、節約をして家計を引き締めているつもりでも、専門家が診断するとやはりポイントが見えてきます。一番多く指摘されているのが、保険の見直しです。確かに保険は、病気やケガなどの不慮のときには役立つものですが、それでも家計の負担になるのなら見直しを検討するべきです。二番目に、指摘されるのが今はどこの家庭でも膨らんでいる通信費です。スマートフォンの登場で、通信費がかなりアップしているのが実情です。このスマートフォンに、自宅でのネット回線など通信費は今では2万円くらいかかります。そこでの、節約はスマートフォンのプランの見直しや格安のスマートフォンへの切り替えなどを提案しています。家計診断は、専門家からのアドバイスで悩むを改善するところです。読者も同じような悩みを持つ人が多くいます。参考にできる節約のワザを、毎回楽しみにしている人が多くいます。時代は、増税に向かっています。収入がアップしない現状では節約が重要です。

この投稿は2015年11月30日に公開されました。

50代の家計診断でネックは

50代で子供がいる場合、子供は20代から30代です。この時期の家計診断は、子供が大学生なら最も教育費に掛かり、それが2人、3人となると私立大学の場合は軽く“家1軒建つ”と言われます。また結婚となった場合、本人たちで賄うとは言っても少なからず親の負担もあります。そんなときに収入証明書不要キャッシング特集.comを参考にキャッシング方法を学んでみると良いでしょう。家計診断で圧迫されるのはまずボーナスカットされたり給料が下がることですが、ほどほど安定したお給料がもらえているご家庭で、しかも大学生がいない、子供がいない、子供が結婚しない時期が続く50代なら、気持ち的にもゆとりが出てきます。忙しい子育て期を乗り越えてきた分、趣味に没頭したり、旅行・レジャー・交際費が増えてくる場合もあります。有職主婦ですと、食事作りも夫婦の分だけとなる場合もあり、子供がいても食べない日もあり、疲れて作る元気がない時はお惣菜を利用したり、出前、お取り寄せを利用することもあるでしょう。1週間に1回がだんだん3日に1度、毎日とエスカレートして行くと、家で食べていても外食しているのと変わらない支出となってきます。年金が入る、万が一の入院には保険加入してるといっても、特に旅行・レジャー・交際費が増えていく家計診断では老後の生活が安泰とは言い切れません。元気だと思っていても50代から医療費がかかることもあり、持ち家の修繕費、借家の場合更新料があり、住み替えを考えることもあります。子供がいても、いなくても老後、施設を検討するかもしれません。冠婚葬祭など不意の出費にも対応できるよう老後の見通しが立たないうちは、まだまだ気が抜けません。

この投稿は2015年11月29日に公開されました。

30代は家計診断で夢を描こう

30代は、変化の年代です。結婚、出産、住宅の購入と、今後の人生を左右するイベントが目白押しです。ですが、贅沢もしていないのに、毎月残高ギリギリの生活。これでは、これらのイベントを楽しむ気分も失せますよね。30代は、多くの人が家族を持つ年代です。家族みんなが将来の夢を描けるよう、まずは足元から見つめ直してみましょう。そこで重要となるのが、家計診断です。家計診断は、隠れたお金の問題を明確にし、今後の人生を安心して歩むヒントを与えてくれます。まずは、家計簿をつけましょう、と、言いたいところですが、その前にすべきことがあります。まずは固定費を見直すことから始めましょう。第一に保険です。本当に必要なものに加入していますか?次に、ケータイ代。プランは適切でしょうか?他にも、インターネットのプロバイダーの乗り換えや、可能であれば、家賃の安いところに引っ越すなど、固定費を見直すことで万単位のお金を節約できます。家計簿をつけるのは、それからです。固定費が把握できたら、家計簿で、食費や娯楽の無駄を発見しましょう。でも、自分では、なかなか生活を客観的に見られないもの。「これは自分へのご褒美として削れない」などと言っていては、永久にカツカツな生活です。そこで大きな効果を発揮するのが、家計診断です。ネットで簡易的にできるものもありますが、最も効果的なのはFPに相談することです。あなたの現状の問題点だけでなく、希望を叶えるにはこれからどのようにお金と付き合っていくか、進むべき道を照らしてくれるでしょう。30代のうちにそれができれば、子供に教育費がかかる40代、50代、そして来るべき老後にも、立ち向かっていけることでしょう。

この投稿は2015年11月26日に公開されました。

家計診断・専業主婦と有職主婦の違い

家計診断を比較する際に専業主婦か有職かによって食費・衣料費・電気代などに差が出てきます。専業主婦なら家にいる時間が長いので、電気代は高めになります。夏・冬場のエアコン使用月は顕著に表れます。通常8000円ぐらいの電気代が2倍の16000円ぐらいになってしまう月もあります。また核家族ではなく両親どちらかでも同居の場合は昼間でもTVや明かりをつけていることが多いので核家族よりも1.5倍程度高めになります。子供がいる家庭では、洗濯機を回す回数が違いますので水道代は専業主婦であっても有職主婦であっても大差ないでしょう。なんといっても家計診断の中で大きく違いが出やすいのは子供のいる家庭といない家庭で、教育費の比重も変わってきます。家計診断の中で努力できるところは食費・衣料費でしょう。有職主婦の稼働時間が4時間程度の場合と、フルタイムでも差があります。仕事帰りに日々の食品を大型スーパーやデパートで買出しして帰る主婦と、底値狙いをしてスーパーを回れる主婦の1ヶ月食費は2,3万の差はすぐに出てしまいます。お惣菜の利用が多くなれば外食しているのと変わりありません。真空パックになった商品・半冷蔵商品・冷凍のハンバーグ、春巻き、ぎょうざなどの加工品を買うか手作りでも差が出ます。時間短縮のために人の手が加わっているものを買うと、当然割り高になります。大量に買った挽き肉ならハンバーグ、肉団子、ミートソース、野菜炒め用などすぐ調理できるよう小分けに冷凍したり、鶏肉なら唐揚げ用、照り焼き用に下味を付けて、冷凍保存するといった一手間が主婦暦の長い節約上手な有職主婦もいるでしょう。お弁当持参の有職主婦もいます。LUNCHを奥様同士で楽しむ頻度によっては外食費・交際費が、有職主婦を上回る場合もあります。そして制服のある会社と、ない会社では衣料費の差が出るかもしれません。

この投稿は2015年11月24日に公開されました。

教育費が多いならネットの家計診断で支出を削減

子育て世代にとって支出が多い項目が、教育費といえます。いわゆる授業料の他にも塾の費用や習い事など、成長するにつれて費用も高くなります。そこで悩んでしまうのが、家計のやりくりなのです。しかし、家計簿をつけて出費を抑えようとしてもうまくいかないのが現実といえます。なぜなら自分では無意識の出費というのが分からないからです。しかしネットの家計診断を利用すれば、教育費を無理に締め付けることなく余計な支出を抑えるポイントがすぐに分かるのです。ネットの家計診断サイトはさまざまなタイプがあり、もちろん無料のところも多くなっています。家庭の年収やさまざまな項目の支出を入力すれば、改善のポイントを指摘してくれるのです。例えば保険料を見直す必要性を教えてくれたり、お小遣いや通信費の金額は一般的な水準と比較してどうなのかという事も分かります。ですから家計診断サイトを使用することで、自分では気付かない視点から家計の見直しに着手できるのです。結果をプリントすれば、夫婦で家計について話し合うきっかけにもなります。そして家計診断サイトには、プロのファイナンシャルプランナーに相談できるところもあります。こちらは多くの場合有料ではありますが、より細かい点まで家計をチェックして場合によっては今後のマネープランまで作成してくれます。年々増えていく教育費を確保しつつ健全な家計を維持していくなら、ネットの家計相談サイトを上手に活用した、早いうちからの対策が必要といえます。

この投稿は2015年11月21日に公開されました。